猫と遊ぶ時間が必要な3つの理由【愛猫が喜ぶおもちゃも紹介】
猫との遊びについて悩んでいる人
1日にどれくらい遊べばいいのかわからないから、時間に余裕があるときだけでいいかな…。
あと、どのおもちゃを選んだら喜んでくれるか知りたいので、おすすめのおもちゃがあったら教えてほしいです。

 

こういった疑問に答えます。

本記事内容

  • 猫と遊ぶ時間が必要な3つの理由
  • 猫と遊ぶポイント|猫が喜ぶ遊び方とおもちゃを紹介

ハル
この記事を書いているわたしは、猫との生活歴30年ちょっと。
現在は10歳のシンガプーラと毎日楽しく暮らしています。

 

愛猫と遊ぶ時間、とっていますか?

飼い主さん
忙しいからほとんど遊んでいない!

 

暇がなくて、なかなか遊んであげれないとストレスが溜まるかも?と心配になりますよね。

でも猫は自由に自分勝手に動くから、わざわざ遊んであげる必要はない…と思っているなら、じつは間違い。遊ぶことにはきちんと理由があったんです。

というわけで今回は「猫と遊ぶ必要性」について解説します。

愛猫が喜ぶ遊び方や、おもちゃで悩んでいる方はぜひご覧ください。

猫と遊ぶ時間が必要な3つの理由

猫と遊ぶ時間が10分くらいという方もいれば、たっぷり1時間なんて意見もあります。でも…初めて猫を飼うから、どれくらい遊んだらいいのかわからないなんて声も。

まずは遊ぶ時間の目安と、なぜ猫と遊ぶ時間が必要なのか、

  • 狩猟本能を刺激する役割
  • 運動不足を解消
  • コミュニケーション不足を解消

3つの理由も詳しくみていきましょう。

遊ぶ時間の目安

コミニュケーションや運動不足の解消で猫と遊ぶことは大事。思わず夢中になって30分以上遊んでいた…なんてことも。

でも長時間遊ぶのは注意が必要!

瞬発力はありますが、意外と体力がない猫にとって長い時間遊んでは疲れてしまいます。

必ず時間を確認しながら、1回の遊びは15分くらいにおさめましょう。それでも愛猫は「遊ぼう!」と要求することもありますが、我慢。

そんなときは、何回かに分けて遊びましょう。少しの時間でも毎日遊ぶと愛猫も喜びます。

狩猟本能を刺激する役割

最近では室内飼いで、一歩も外に出たことがない猫ちゃんも増えています。だから狩りなんてする機会はほとんどありません。

ハル
昔飼っていた猫は、外に出ていたので鳥を捕まえて必ずわたしに見せていました。飼い主にとっては微妙な行為ですが、獲物を捕まえることは猫の本能なので仕方ないですね。
  • 動くものを追いかける
  • 捕まえて獲物に噛み付く
  • 獲物を仕留める

室内飼いの猫は、実際に獲物を捕まえることはできませんが、猫じゃらしなどで鳥やネズミを捕まえているような疑似体験をすることはできます。

だから追いかけたり、飛びかかったり、噛み付いたりすることでストレス解消ができるわけですね。

運動不足を解消

欲求を解消する以外にもう一つ。人間と一緒で、運動不足にならないようにする目的もあります。猫は上下運動が好きですが、環境を作らないとなかなか運動できません。

室内猫は周りに敵がいないので、のんびり過ごすことができますが、遊ぶ時間が減ると肥満の問題や筋力の低下など愛猫の生活に影響が…。

そして実際、運動不足が原因で筋力が衰えている猫ちゃんが多いのも現実。

ただ外に出る危険性を考えると心配なので、おもちゃ以外にキャットタワーがあると便利です。

おすすめキャットタワー

とくに老猫は寝ることが増えるので、適度な運動とコミニュケーションをとりましょう。

コミニュケーション不足を解消

猫にとって遊びは、飼い主とのコミニュケーションツール。

犬のように散歩に行くわけではないので、コミニュケーションを必ず取る機会は少ないです。なので、なるべく短い時間でもいいので遊んでください。

「忙しいからかまってあげれない」なんて声も聞きますが、飼い主が放っておくと刺激のない生活になります。

なでたり抱っこしてあげることは、もちろん大事。

でも一緒に遊ぶことでストレス解消になりますし、運動不足解消にも繋がります。多頭飼いなら遊ぶ相手がいるのでまだ良いですが、1匹だと猫にとって飼い主さんしかいません。

コミニュケーション不足になると、いたずらしたりトイレ以外の場所で用を足すなど、問題行動を起こす可能性があるのでしっかり遊んであげてください。

猫と遊ぶポイント|猫が喜ぶ遊び方とおもちゃを紹介

愛猫と遊ぶポイントが4つあります。

  1. 狩猟本能を刺激する遊び方
  2. お気に入りのおもちゃを見つける
  3. おすすめのおもちゃを紹介
  4. 愛猫と遊ぶときの注意点

それぞれ見ていきましょう。

狩猟本能を刺激する遊び方

もし猫じゃらしを使う場合は、ただ動かすのではなく愛猫が興味を持つような大きな動きをすると良いですよ。

例えば猫は不規則に動くものが好きなので、

  • 鳥やネズミが動いているような動き
  • 虫が目の前を飛んでいるような動き

など素早く、動いてみることが大事。

ただ逃げるだけだと愛猫があきるので、たまに捕まえてあげましょう。

あとは猫はとても好奇心旺盛。隠れたところからおもちゃが出したり、カサカサした音を鳴らすとテンションが上りますよ。

ただ…飛びかかったときにケガをしないように注意!

お気に入りのおもちゃを見つける

せっかく愛猫と遊ぼうと思ったのに、おもちゃにまったく興味を持ってくれない…なんてことありませんか?

遊びたいタイミングじゃない可能性もありますが、単にお気に入りのおもちゃじゃないかもしれません。

猫はこだわりが強いので、気に入るとそのおもちゃに執着します。

ハル
うちのネコさんもお気に入りありますよ。もうボロボロですが…。

何個か用意してしばらく様子をみると、

ネコさん
全く興味ない

ネコさん
なにこれ!大好き!

 

と…実際言うわけではありませんが、行動や食いつきでわかると思いますので、ぜひいろいろお試しください。

続いて、おすすめのおもちゃを紹介します。

おすすめのおもちゃを紹介

猫のおもちゃはたくさんの種類があります。先程も言ったとおり猫はこだわりが強いので、気に入らないと全く遊んでくれません。

気に入ってくれるはず…と信じて購入したら、全く見向きもしないことも…。でも愛猫のためです!(笑)

ではおすすめを紹介しましょう。

猫じゃらしについて

猫専用のぬいぐるみについて

猫と遊ぶときに注意すること

猫は長いものが大好き。

猫じゃらしはもちろん、ただのひもでも遊ぶし携帯を充電するケーブルコードでさえ猫にとっては興味のあるおもちゃになるので大変なんです。

とくにひもは夢中になりすぎて、飲み込んだら腸のなかで引っかかり手術なんてことも…。

あとケーブルを噛んで感電したら大変なので、

ケーブルカバーをつける
コードフックをつける

など、対策をしましょう。

愛猫に「危ないよ」と注意しても、もちろん理解してくれないので、遊んだあとは必ず片付けることが必要。

そしてひもなど遊んで飲み込む可能性があるものは、猫が遊ばないように必ず届かない場所に保管しましょう。

猫と遊ぶ時間が必要な理由まとめ

猫と遊ぶ理由として、

  • 狩猟本能を刺激する役割
  • 運動不足を解消
  • コミュニケーション不足を解消

3つを紹介しました。そしておもちゃ選びは大変ですが、楽しみの一つです。いろいろ試してみて、お気に入りのモノを是非探してください。

あと猫の成長に合わせて遊びましょう。

子猫・成猫・老猫で元気に差があるので、時間を見ながら無理せずマイペースに遊ぶことで、愛猫の満足度が上がりますよ。

以上、猫と遊ぶ時間が必要な3つの理由【猫が喜ぶおもちゃも紹介】を最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ!