猫トイレの砂選びで人気の素材5種類を厳選!特徴と選び方
猫トイレの砂選びで悩んでいる人
猫トイレを買ったけど、どの砂を選んだらいいの?
種類が多くてわからないので、それぞれの特徴を詳しく知りたい。
ついでにおすすめがあったら教えてください。

 

こういった疑問に答えます。

本記事内容

  • 猫トイレの砂選びで人気の素材5種類を厳選
  • 猫トイレの砂を選ぶ基準

ハル
この記事を書いているわたしは、猫との生活歴30年ちょっと。
現在は10歳のシンガプーラと毎日楽しく暮らしています。

 

飼い主の悩みのひとつ、猫砂選び。

猫砂はどんなものを選べばいいのか、猫砂はどうやって捨てるのか最初はわからないですね…。でもそれぞれの特徴を知れば、猫砂選びは楽になります。

猫ちゃんにとっても、飼い主にとっても快適な猫砂を選びましょう。

というわけで、今回は「猫砂の種類と特徴」について解説します。どれを選んだらいいのかわからないと悩んでいる方はぜひ記事をご覧ください。

【関連】【猫のトイレ】どんな種類がある?形状・機能性で選ぶ7つのポイント 

猫トイレの砂選びで人気の素材5種類を厳選

猫砂の種類は、

  1. 鉱物
  2. 木製
  3. おから
  4. シリカゲル

そしてその中でも、

おしっこを吸収して固まるタイプ

おしっこを吸収しにくく固まらないタイプ(システムトイレ向き)

があります。それぞれの特徴を、詳しく見ていきましょう。

鉱物(ペントナイト)

【特徴】
  • 吸収性が高い
  • 一番固まる
  • リアルな砂に近いので猫に好まれるが、やや重い
  • 粒が小さいので、砂が散らばりやすい
※鉱物系なので燃えるゴミで出せない可能性があります。
市区町村によって処分方法が異なるので、地域のごみ処理ルールを確認しましょう。

【特徴】

  • 軽いので、女性でも持ち運びが楽
  • 吸収性が良い
  • 燃えるゴミやトイレに流せるため処理が簡単
  • 時間が経つと固まりが崩れやすい
※トイレに流せますが、大量に流すと詰まる可能性があるので要注意です。

木材

【特徴】
  • 消臭・脱臭効果が高い
  • 粉立ちが少なく飛び散りにくい
  • 燃えるゴミで出せるので、捨てるのが楽(流せるものもありますが、詰まりやすい)
  • 尿の色が把握しにくい
※システムトイレ用の固まらないタイプか、固まるタイプか購入時に確認しましょう。

おから

【特徴】
  • 食品なので安心
  • 粒が大きいので砂が舞いにくい
  • トイレに流せるので処理が簡単(燃えるゴミで捨てれる)
  • ほかの猫砂に比べて柔らかく固まる
おからが原材料で食物から作られているので安心ですが、ニオイが独特なので気に入らない可能性も…。

シリカゲル

【特徴】
  • 交換頻度が少ないので掃除が楽
  • 消臭効果が非常に高い
  • ペントナイトの砂に混ぜるとニオイ・余分な湿気が取れる
  • 比較的高価なものが多い
※鉱物系なので燃えるゴミで出せない可能性があります。
市区町村によって処分方法が異なるので、地域のごみ処理ルールを確認しましょう。

システムトイレの砂選びはどうする?

普通の猫トイレはおしっこの部分だけ砂が固まるので、そこだけ捨てる仕組みになっていますが、システムトイレは猫砂とシートの二層式になっています。

上段に敷き詰めた猫砂を通ってシートがおしっこを吸収するため、固まらない砂を選ぶことが重要。

※固まる砂を使うと、おしっこをするたびに取り除くという手間がかかってしまうので注意!

システムトイレ用の猫砂は、
  • 木材
  • シリカゲル
  • おから

種類や形状もさまざまなので、猫ちゃんが気に入るものを探しましょう。

そしてシステムトイレ用の猫砂はトイレに流せないもの・燃えるゴミで出せないものがあるので購入するときに確認が必要です。

猫トイレの砂を選ぶ基準

    猫トイレの砂の種類・特徴はわかりましたが、猫砂選びの基準はあるのでしょうか?

    1. 掃除のしやすさ
    2. 消臭効果
    3. 猫の好み

    それぞれ注意点も含めて見ていきましょう。

    掃除のしやすさ

    猫トイレの砂選びで重要なのは、掃除のしやすさと掃除にかかる手間ですね。

    • トイレに流せるもの
    • 砂の交換頻度が少ない
    • こまめに掃除をする必要がない
    • 飛び散りにくい

    もちろん使うのは猫ですが、掃除をするのは飼い主さんなので、負担にならないよう、日常で使いやすい商品を選びましょう。

    消臭効果

    猫トイレで気になるのが、排泄物のニオイですね。特におしっこはなかなか臭い。なぜかというと、猫のおしっこは凝縮されているのでアンモニア臭がより強くなります。

    そのため、猫砂選びで消臭効果が高いかどうかはかなり重要。

    臭いに敏感な猫にとっても、飼い主にとってもストレスにならないようトイレの環境を整えましょう。

    猫の好み

    猫は一般的に、自然の砂に近い感触のものを好みます。

    • 排泄物をしたときは、砂をかけやすい?
    • 肉球に砂は挟まらない?

    などストレスがかからないように日々観察しましょう。

    そしてもうひとつ注意点があります。

    猫は嗅覚がすごいので、人工的な香りがついていると使わない可能性が…。猫砂自体ニオイがしないもの・消臭効果の高いものを選ぶことも大事です。

    猫砂選びの注意点

    気をつけてほしいのは、トイレに流せると表示されていても一定以上の量を流すことは危険です。

    「トイレに流せる猫砂」は水に溶けますが、すぐ溶けるわけではないので流すときは少量ずつにしましょう。トイレが故障したら、修理代がかなりかかるので要注意。

    そして猫の排泄物は人間に比べると溶けにくいので、燃えるゴミで捨てたほうが良いかもしれません。

    もし流す場合は、砂のように少量ずつ流すなど、工夫が必要です。

    猫砂まとめ

    猫はとてもデリケートな生き物です。

    トイレやまわりが汚れていたり、臭いがするとストレスがかかってしまうかも。

    猫砂を毎日総入れ替えする必要はありません。ただ、毎日使い続けるとおしっこの臭いや排泄物の汚れが残り猫砂が固まりにくくなった…なんてことも。

    そんなときは猫砂を入れ替えたり、トイレの容器を洗ったりするなど我慢して使うことがないように、快適な環境を作ってあげましょう。

    そして飼い主さんのライフスタイルも大事なので、お互いが満足できる猫トイレをぜひ見つけてください。

    猫トイレ・猫砂おすすめランキングを見てみよう

    「種類や特徴は分かったけど、イマイチどれがいいかわからない。」

    そんな方のためにおすすめの猫トイレ・猫砂をランキング形式で紹介しています。

    猫にとっても飼い主にとっても使いやすい猫砂を知りたい方は100%参考になる内容なので是非チェックしてください。

    【最新版】おすすめの猫トイレ・猫砂をランキング

    以上、

    猫トイレの砂を選ぼう!人気の5種類を厳選|特徴と選び方を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

    ※自治体により猫砂・排泄物の処分方法が異なりますので、地域のごみ処理ルールを確認してください。

    こちらの記事もおすすめ!